忍者ブログ
ダートトラックを愛する全ての人へ
[123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回レースの時のブログで『11月16日、元気でお会いしましょう!』と皆さんに呼びかけた本人が元気な皆さんに会いに行けないという、現状そんなザマであります。

あのブログを見て、『そうか!じゃ~当日元気にゴリマックに会おう!』とか思っちゃった変態な人には心よりお詫び申し上げます。



先日夏目さんに突撃お見舞いに来ていただきましてありがたい限りです。
吉田さんとこにも行かれたそうでご苦労様です。



手術が終わってからは悶々とした毎日です。どんな毎日か?
ちょっと覗いてみましょう。


隣のベッドの痴呆の爺さんの「いったい…いったい………あ゛ぁぁぁぁ痛い……うぅぅぅぅ………ピチャピチャピチャ」という爽やかなモーニングコール、いや黎明コールで目覚めた後は、タバコ点滴大盛メシタバコ大盛メシタバコタバコ点滴大盛メシタバコ、そして各病室から漏れるイビキだか悲鳴だか絶叫だかを聞きつつ看護士さんのバタバタという足音が子守歌になりオヤスミゴリマック…
な、決まったような 毎日です。


皆さん、転倒して怪我をするとこういう規則的な楽しい生活がもれなくオプションでついちゃいます。

おかげで体重は増加傾向、毎日カロリーを消費する術がないのでどうしようもありません。
そういえば先日屋上に行き、何とか筋力を維持できる方法はないかと物色していたらいい感じに物干し竿がかかってるんですね。
それがあったらやるっきゃないでしょ? 懸垂ですよ、左手一本で。

捕まって、おりゃ!…の『お!』くらいのタイミングで、なんと見事に物干し竿が折れまして俺右腕から落下。
気を失うような激痛の中、屋上で1人10分程うつ伏せのままフリーズという貴重な体験までさせていただきました。
これで入院が延長になればさらに激レア体験ですが、それを体験できるかは今の所わかりません。


さて、12月の最終戦はJRシュナベル参戦という事で、出たい。
出たいのですが、ま、退院してるし、実は出れます。プレート入って腕が上に上がらないままなら。

『ゴリマック、脱臼・靭帯断裂から驚異的な早さで復帰』
…と、ここまでなら物凄くかっこいいんですけど、それで順位が前回同様『8位』とかだと、なんだか微妙すぎて逆に物凄くかっこ悪いので出ません。


なわけで、最終戦はゲスト解説で行きます。
MCヒコマロさん、どうぞ宜しくです!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あまりに面白い日記で大笑い!
そっちの才能あるよね~

ところで「差し入れの本は面白かった?」かしら(うしししし)
ピカ 2008/11/13(Thu)23:09:53 編集
本気になっちゃう
ダートトラック引退後はゴリマック作家デビュー!ですか?


面白かったですよ。あざーっす。
でも現状事足りてるかな?
これ以上は言いませんが。
Mac 2008/11/14(Fri)11:21:57 編集
無題
ヒコマロもどきでございます。
パソコンが壊れてリンクも消えて失望の日々でしたが、戻ってまいりました。
本当につらい日々だったようで・・・お察しします。

どうぞどうぞゲスト解説お待ちしています!(ともてぎの担当者に了解得ていないケド、大丈夫だよね?)
実況担当・阿部 2008/12/03(Wed)23:33:02 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/07 通りすがりっす]
[08/06 頭文字G]
[07/04 Guchy67]
[07/03 こすげ。]
[06/12 G-Mac]
プロフィール
HN:
MAC WADA
年齢:
38
HP:
性別:
男性
誕生日:
1979/03/11
自己紹介:
全米選手権に2年連続で参戦。
ハーフマイル450ccクラスでは2008年9位、2009年12位。
ショートトラックは2008年18歳以上クラスで3位。2009年30歳以上クラスで3位。
次はバハ1000、もしくはイギリスか豪州のダートトラックを走りたいと思っている30歳。
日本では一応エキスパートの#11。
メールはこちらまで。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
真's history Produced by MAC WADA      Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]